Health Promotion and Human Behavior Kyoto University Graduate School of Medicine / School of Public Health
京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻 健康増進・行動学分野 HOME
Home > Publications > Publications
Publications

Workshops & Seminars

For CBT

  • うつ病の認知療法・認知行動療法ワークショップ

    日時: 2017年9月17日(日)ー18日(月、祝)
    場所: 京都大学大学院医学研究科 先端科学棟 1階セミナー室
      詳細は、認知行動療法研修開発センターをご覧ください。
PAGE TOP

For evidence-based mental health

  • ネットワークメタアナリシス・ワークショップ [多数のご参加お申し込みを有り難うございます。12月28日正午をもちまして、定員オーバーのため締め切りとさせていただきます。以降ご連絡の方は待機リストで、キャンセルが出ましたらご連絡をさせていただきます。申し訳ありませんがご理解のほどお願い申し上げます]
  • 日時: 2017年1月21日(土) 10時〜17時
    場所:

    京都大学大学院医学研究科G棟 2階 セミナー室A

    講師:

    Andrea Cipriani准教授(Oxford大学)

    野間久史准教授(統計数理研究所)

    古川壽亮(京都大学)

    内容:

    Oxford大学のAndrea Cipriani准教授をお招きして、京都大学でネットワークメタアナリシスの1日ワークショップを開催します。

    Cipriani准教授は、
    -- Cipriani A, Furukawa TA, Salanti G, Geddes JR, Higgins JP, Churchill R, Watanabe N, Nakagawa A, Omori IM, McGuire H, Tansella M & Barbui C (2009) Comparative efficacy and acceptability of 12 new-generation antidepressants: a multiple-treatments meta-analysis. Lancet, 373, 746-758.
    -- Cipriani A, Higgins JP, Geddes JR & Salanti G (2013) Conceptual and technical challenges in network meta-analysis. Annals of Internal Medicine, 159, 130-137.
    -- Cipriani A, Zhou X, Del Giovane C, Hetrick SE, Qin B, Whittington C, Coghill D, Zhang Y, Hazell P, Leucht S, Cuijpers P, Pu J, Cohen D, Ravindran AV, Liu Y, Michael KD, Yang L, Liu L & Xie P (2016) Comparative efficacy and tolerability of antidepressants for major depressive disorder in children and adolescents: a network meta-analysis. Lancet.
    のように、一流雑誌にネットワークメタアナリシスを続々と発表しています。
    そして、3年前からは夏にOxford大学で3日間のネットワークメタアナリシスのワークショップを開催しています。今回は、それのエッセンスを一日で皆様にお伝えしたいと考えています。

    プログラムの詳細はこちらです。
    1)登録をお願いします。kenkozoshin.hisho@gmail.comに、お名前とメールアドレスをお知らせ下さい。期日が近づきましたら、資料をお送りします。
    2)無料です。
    3)Cipriani准教授以外の講義は日本語で行います。

    ぜひこの機会に、ネットワークメタアナリシスへの理解を深められてはいかがでしょうか。

 

  • 第37回 京都エビデンス精神医療研究会(原則隔月の第3木曜日です)

日時 :

2017年11月16日(木) 19:00~21:00

場所 :

京都駅前メンタルクリニック

http://www.eijinkai.or.jp/kyoto/

内容:

座長 京都大学大学院School of Public Health 古川 壽亮    

1. EBMレクチャー第1回「因果関係の考え方:そうだったのか、批判的吟味の基礎」
 京都大学健康増進・行動学   古川 壽亮

2. エビデンスの批判的吟味
 関西医科大学精神神経科   緒方 治彦 先生

(研究会の後、忘年会があります。詳細は追ってご連絡をします)

その他:

*今後は年に数回定期的に、EBMについての基本的な内容に関するレクチャーを入れていきます

*研究会への参加者は、法的に守秘義務のある方に限らせていただきます

*症例報告およびその2ヶ月後のエビデンス検討をご担当いただける方を募集中です

 

>過去の京都エビデンス精神医療研究会の内容はこちらから

PAGE TOP