Health Promotion and Human Behavior : Kyoto University / 京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻 健康増進・行動学分野

TOPICS

2018.10.17

LUO Yan氏(PhD課程1回生)の研究のプロトコル論文がBMJ Open (IF=2.4)に受理されました。Luo Y, Chaimani A, Kataoka Y, Ostinelli EG, Ogawa Y, Cipriani A, Salanti G & Furukawa TA (in press) Evidence Synthesis, Practice Guidelines and Real-World Prescriptions of New Generation Antidepressants in the Treatment of Depression: A Protocol.

2018.10.16 SUN☺D臨床試験からの二次解析論文が、Psychological Medicine (IF=5.5)に受理されました。Furukawa TA, Kato T, Shinagawa Y, Miki K, Fujita H, Tsujino N, Kondo M, Inagaki M & Yamada M (in press) Prediction of remission in pharmacotherapy of untreated major depression: development and validation of multivariable prediction models.
2018.9.25 トウ・ソウさんの課題研究発表が、MPH優秀賞に選ばれました。
2018.9.10 MPH生トウ・ソウさんの課題研究発表からの論文が、BMC Medical Research Methodology (IF=2.5)に受理されました。Tong Z, Li F, Ogawa Y, Watanabe N & Furukawa TA (in press) Quality of randomized controlled trials of new generation antidepressant and antipsychotics identified in the China National Knowledge Infrastructure (CNKI): A literature and telephone interview study.
2018.7.31 6~7月に短期交流学生として来ていたClaire Pinson氏(Harvard大学3年生)の送別と、8月から1年半の予定で外国人共同研究者として来日したEdoardo Ostinelli氏(ミラノ大学精神科4年目レジデント)の歓迎の宴会を開きました。360度写真でご覧下さい。https://theta360.com/s/bMaNQwLuTrU5oSD9m9cHfSzBM
2018.7.25 SUN☺D臨床試験からの二次解析論文が、Psychotherapy and Psychosomatics (IF=13.1)に受理されました。Furukawa TA, Kato T, Akechi T, Shimodera S, Okada N, Yanai I, Ozaki K & Kinou K (in press) Dropouts in an antidepressant trial: how do they fare afterwards?
2018.7.23 McMaster大学と共同で行った、がんの臨床試験においてprogression-free survivalとQoLの関連を検討した系統的レビューが、JAMA Internal Medicine (IF=20.0)に受理されました。Kovic R, Jin, X, Kennedy SA, Hylands M, Pedziwiatr M, Kuriyama A, Gomaa H, Lee Y, Katsura M, Tada M, Hong BY, Cho SM, Hong PJ, YU AM, Sivji Y, Toma A, Xie L, Tsoi L, Waligora M, Prasad M, Bhatnagar N, Thabane L, Brundage M, Guyatt G, Xie F (in press) Is progression-free survival a valid surrogate outcome for health-related quality of life in oncology? A systematic review and quantitative analysis.
2018.7.20 重慶大学、Oxford大学、Bern大学、Harvard大学などと共同で行った、児童思春期の不安症に対する種々の精神療法のネットワークメタアナリシスが JAMA Psychiatry (IF=16.6)に受理されました。Zhou X, Zhang Y, Furukawa TA, Cuijpers P, Pu J, Weisz JR, Yang L, Hetrick SE, Del Giovane C, Cohen D, James AC, Yuan S, Whittington C, Jiang X, Teng T, Cipriani A & Xie P (in press) Comparative efficacy and acceptability of psychotherapies for acute anxiety disorders in children and adolescents: a network meta-analysis.
2018.7.11 京都大学健康増進・行動学分野が事務局を務め、北海道大学、東京大学、東邦大学、名古屋市立大学、広島大学、高知大学、久留米大学、熊本大学およびその関連病院・クリニック、計48施設で実施した、世界で3番目の規模の抗うつ剤臨床試験 (n=2,011)の結果が BMC Medicine (IF=9.0)に発表されました。Kato T, Furukawa TA, Mantani A, Kurata K, Kubouchi H, Hirota S, Sato H, Sugishita K, Chino B, Itoh K, Ikeda Y, Shinagawa Y, Kondo M, Okamoto Y, Fujita H, Suga M, Yasumoto S, Tsujino N, Inoue T, Fujise N, Akechi T, Yamada M, Shimodera S, Watanabe N, Inagaki M, Miki K, Ogawa Y, Takeshima N, Hayasaka Y, Tajika A, Shinohara K, Yonemoto N, Tanaka S, Zhou Q, Guyatt GH for the SUN(^_^)D Investigators (2018) Optimising first- and second-line treatment strategies for untreated major depressive disorder - the SUND study: a pragmatic, multi-centre, assessor-blinded randomised controlled trial. BMC Medicine, 16, 103.
2018.7.9 菊池志乃氏(PhD課程2回生)が本教室と消化器内科学教室、国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センターと共同研究で行うRCT「過敏性腸症候群に対する集団認知行動療法の有効性と安全性に関するランダム化比較試験」で、公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団研究活動助成金に採択されました。
2018.7.6 古川壽亮教授がMünchen工科大学、Verona大学等との共同研究で実施した、統合失調症の陽性症状に対する精神療法のネットワークメタアナリシスが World Psychiatry (IF=30.0)に受理されました。Bighelli I, Salanti G, Huhn M, Schneider-Thoma J, Krause M, Reitmeir C, Wallis S, Schweremann F, Pitschel-Walz G, Barbui C, Furukawa TA & Leucht S (in press) Psychological interventions to reduce positive symptoms in schizophrenia: systematic review and network-meta-analysis.
2018.6.28 Amsterdam自由大学、Bern大学、Freiburg大学等と共同で行った、個人データネットワークメタアナリシスおよびネットワークメタレグレッションによる層別医療(個別化医療)の試みの論文がPsychotherapy and Psychosomatics (IF=13.1)に受理されました。Furukawa TA, Efthimiou O, Weitz E, Cipriani A, Keller MB, Kocsis JH, Klein DN, Michalak J, Salanti G, Cuijpers P & Schramm E (2018) Cognitive-behavioral analysis system of psychotherapy (CBASP), drug, or their combination for persistent depressive disorder: Personalizing the treatment choice using individual participant data network meta-regression. 87, 140-153.
ベースライン特性による個別化治療反応の予測はこちら。患者さんの特性を入力すれば、その人の治療選択肢別の治療反応を予測できます。
2018.6.8

Furukawa TA, et al (2018) Initial severity of major depression and efficacy of new generation antidepressants: individual participant data meta-analysis.が Acta Psychiatrica Scandinavicaの5月号の巻頭論文として、イェテボリ大学の二人の精神薬理学者によるEditorial付きで掲載されました。(Eriksson E & Hieronymus F (2018) The alleged lack of efficacy of antidepressants in non-severe depression: a myth debunked. Acta Psychiatrica Scandinavica, 137, 447-449.)

2018.5.30 McMaster大学のGRADEチームと一緒に行った論文が Journa of Clinical Epidemiology (IF=5.0)に受理されました。Bonner A, Alexander PE, Brignardello-Petersen R, Furukawa TA, Siemieniuk RA, Zhang Y, Wiercioch W, Florez ID, Fei Y, Agarwal A, Yepes-Nunez JJ, Beyene J, Schunemann H & Guyatt GH (2018) Applying GRADE to a network meta-analysis of antidepressants led to more conservative conclusions.
2018.4.15 GRISELDA研究(Cipriani, Furukawa, Salanti et al (2018) Lancet)に続くわれわれの研究方針を表明したopinion pieceをLancet Psychiatry (IF=11.6)に発表しました。Cipriani A, Salanti G, Furukawa TA, Egger M, Leucht S, Ruhe HG, Turner EH, Atkinson LZ, Chaimani A, Higgins JPT, Ogawa Y, Takeshima N, Hayasaka Y, Imai H, Shinohara K, Tajika A, Ioannidis JPA & Geddes JR (2018) Antidepressants might work for people with major depression: where do we go from here?
2018.4.11 GRISELDA研究(Cipriani, Furukawa, Salanti et al (2018) Lancet)の方法論的基盤を検討した論文が、International Journal of Epidemiology (IF=7.7)にアクセプトされました。Salanti G, Chaimani A, Furukawa TA, Higgins JP, Ogawa Y, Cipriani A & Egger M (in press) Impact of placebo arms on outcomes in antidepressant trials: Systematic review and meta-regression analysis.
2018.4.5 2014年度の系統的レビューの講義で古川教授が指導した論文がCochrane Database of Systematic Reviews (IF=6.3)にアクセプトされました。Hoshino N, Takada T, Hida K, Hasegawa S, Furukawa TA & Sakai Y (2018) Daikenchuto for reducing postoperative ileus in patients undergoing elective abdominal surgery.
2018.4.3 古川教授の共著論文が Cochrane Database of Systematic Reviews (IF=6.3)にアクセプトされました。教室とVerona大学、Ulm大学との一連のパニック障害レビューのひとつです。Bighelli I, Castellazzi M, Girlanda F, Guaiana G, Koesters M, Turrini G, Furukawa TA & Barbui C (2018) Antidepressants versus placebo for panic disorder in adults.
2018.3.14 Cipriani, Furukawa, Salanti et al (2018) Lancet論文について New York Timesに論説記事が掲載されました。
2018.3.13 古川壽亮教授、筑波大学丸尾和司准教授、教室の今井必生氏、篠原清美氏らの共著論文が、Acta Psychiatrica Scandinavica (IF=6.8)にアクセプトされました。Furukawa TA, Maruo K, Noma H, Tanaka S, Imai H, Shinohara K, Ikeda K, Yamawaki S, Levine SZ, Goldberg Y, Leucht S & Cipriani A (in press) Initial severity of major depression and efficacy of new generation antidepressants: Individual-participant data meta-analysis.
2018.3.12 Cipriani, Furukawa, Salanti et al (2018) Lancet論文について、さっそくBMJのEditorialが出されました。McCormack J & Korownyk C (2018) Effectiveness of antidepressants: Lots of useful data but many important questions remain. BMJ. Feature articleもついていて、こちらはLancet論文出版後のメディア狂騒曲についての論評です。Adlington K (2018) Pop a million happy pills? Antidepressants, nuance, and the media. BMJ.
ちなみにこのLancet論文は、Altmetricsによりますと、マスメディアおよびソーシャルメディアで取り上げられた数が、Altmetricsが記録を採り始めて以来の人文科学から自然科学の全分野の科学論文約920万本中71位、トップ99.999%以上に入るそうです。Altmetricsの該当ページはこちらへ。
2018.3.8 Pompoli A, Furukawa TA et al (2018) Dismantling cognitive-behaviour therapy for panic disorder: A systematic review and component network meta-analysis. Psychol MedがNEJM Journal Watchで取り上げられ、"Findings from this rigorous meta-analysis have high practical utility. Which CBT components are used might significantly alter its efficacy and acceptability in patients with panic disorder. The “most efficacious CBT” would include cognitive restructuring and interoceptive exposure in a face-to-face setting. Breathing retraining, muscle relaxation, and virtual reality may have a minimal or even negative impact."と評されました。記事全文はこちらへ。
2018.3.7 Acta Psychiatrica Scandinavica. (IF=6.8)にアクセプトされました。Breilmann J, Furukawa TA, Becker T & Koesters M (in press) Differences in the placebo response in duloxetine and venlafaxine trials.
2018.3.1 古川壽亮教授が、Bern大学Adriani Nikolakopoulou研究員、Georgia Salanti准教授らと共同で実施したメタ疫学研究が、 BMJ (IF=20​.8​ ) に掲載されました。​Nikolakopoulou A, Mavridis D, Furukawa TA, Cipriani A, Tricco AC, Straus SE, Siontis GCM, Egger M & Salanti G (2018) Living network meta-analysis compared with pairwise meta-analysis in comparative effectiveness research: empirical study. BMJ. オープンアクセスです。
2018.2.26 菊池志乃氏が臨床研究者養成(MCR)コース優秀賞を受賞しました。研究タイトルはAssessing the efficacy of group cognitive behavioral therapy for irritable bowel syndrme: Study protocol of a randomized controlled trialです。
2018.2.22 健康増進・行動学分野(古川壽亮教授、小川雄右助教、そして当時大学院生の竹島望氏、早坂佑氏、今井必生氏、篠原清美氏、田近亜蘭氏ら)が、Oxford大学Andrea Cipriani准教授、Bern大学Georgia Salanti准教授、Paris大学Anna Chaimani研究員、Stanford大学John Ioannidis教授らと共同で実施した21種類の抗うつ剤のネットワークメタアナリシスが、本日Lancet (IF=47.8)に出版されました。Cipriani A*, Furukawa TA*, Salanti G*, Chaimani A, Atkinson LZ, Ogawa Y, Leucht S, Ruhe HG, Turner EH, Higgins JP, Egger M, Takeshima N, Hayasaka Y, Imai H, Shinohara K, Tajika A, Ioannidis JP & Geddes JR (2018) Comparative efficacy and acceptability of first- and second-generation antidepressants in the acute treatment of major depressive disorder: A network meta-analysis. The Lancet.(*: co-first authors) オープンアクセスです。
2018.2.21 去年の10月にアクセプトされたコクランレビュー(Kimachi M, Furukawa TA, Kimachi K, Goto Y, Fukuma S & Fukuhara S (2017) Direct oral anticoagulants versus warfarin for preventing stroke and systemic embolic events among atrial fibrillation patients with chronic kidney disease.)が、Annals of Internal MedicineのACP Journal Clubで取り上げて紹介されました。Clinical impact ratingはGeneral Internal Medicine, Hospitalist, Nephrology, Cardiology, Neurologyの全ての分野で6/7、"This review contributes to the increasing body of evidence that encourages clinicians to use dose-adjusted DOACs in patients with CKD who are not receiving dialysis. Still, warfarin use continues to be warranted in patients with fluctuating or rapidly declining renal function, stage 5 CKD, or extreme weights. Equipoise remains in anticoagulant management of AF in patients with advanced CKD, and thus an RCT in this population may be warranted."とサマライズされています。
2018.2.20

宋龍平氏(2017年度MCR卒業生)が、自施設に戻ってから自施設の医師らと共同研究した成果が、日本精神科救急学会学術総会の奨励賞を受賞しました。

齋藤暢紀、宋龍平、高橋峻平、耕野敏樹「精神科救急病院における入院患者の自殺企図の特徴および危険因子:単施設後ろ向きコホート研究」

2018.1.5 多田昌史氏(DrPH課程2回生)が「救急外来におけるトロポニンを用いた最適な心筋梗塞の診断戦略の検討 - 多施設前向きコホート研究 -」の研究で、公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 調査研究助成に採択されました。
2018.1.1

Publications in 2017 & 2018を整理しました

2017年に出版された論文40本中、IF=5以上の雑誌の論文は15本(37.5%)でした。

2017.12.15

当教室にイタリアから半年留学していた Alessandro Pompoli氏の論文が、Psychological Medicine (IF=5.2)にアクセプトされました。Pompoli A, Furukawa TA, Efthimiou O, Imai H, Tajika A & Salanti G (in press) Dismantling cognitive-behaviour therapy for panic disorder: A systematic review and component network meta-analysis.

パニック障害に対して認知行動療法の効果は確立していますが、実はその構成要素は区々でパッケージによって異なります。コンポーネント・ネットワークメタアナリシスという手法を応用して、身体感覚曝露と対面治療が重要な要素であること、一方、筋弛緩は有害であることを示しました。パニック障害に対する、より効果的で効率的な治療法に貢献すると考えられます。

2017.12.1 宋龍平氏(2017年度MCR卒業生)、篠原清美氏(2015年度PhD卒業生)、菅沼あや氏(PhD課程2年生)らの論文が Journal of Medical Internet Research (IF=5.2)にアクセプトされました。So R, Shinohara K, Aoki T, Suganuma A & Furukawa TA (in press) Effect of recruitment methods on response rate in a web-based study for primary care physicians: a factorial randomized controlled trial.
2017.11.20 2015年度の系統的レビューの講義で古川教授が指導した論文がIntensive Care Medicine (IF=12.0)にアクセプトされました。Fujii T, Ganeko R, Kataoka Y, Furukawa TA, Featherstone R, Doi K, Vincent J-L, Pasero D, Robert R, Ronco C & Bagshaw SM (in press) Polymyxin B-immobilized hemoperfusion and mortality in critically ill patients with sepsis/septic shock: A systematic review and meta-analysis.
2017.11.16

「こころアプリ」が、本日付けの読売新聞夕刊で紹介されました。「うつ病治療にスマホアプリ、患者4割に改善効果・・・京大チーム開発

2017.11.3 精神・神経医療研究センター認知行動療法センターの堀越勝センター長と共同で開発した認知行動療法アプリ「こころアプリ」の効果を、北海道大学、東邦大学、名古屋市立大学、広島大学、高知大学およびその関連の全国15のクリニック・病院で実施した無作為割り付け比較試験で実証しました。プライマリの解析結果が、このたびJournal of Medical Internet Research (IF=5.2)に発表されました。Mantani A, Kato T, Furukawa TA, Horikoshi M, Imai H, Hiroe T, Chino B, Funayama T, Yonemoto N, Zhou Q & Kawanishi N (2017) Smartphone Cognitive Behavioral Therapy as an Adjunct to Pharmacotherapy for Refractory Depression: Randomized Controlled Trial. Journal of Medical Internet Research, 19, e373.
診断の確定したうつ病患者さんで優越性試験で効果を示した世界初の認知行動療法アプリになります。
2017.10.24 2013年度の系統的レビューの講義で古川教授が指導した論文がCochrane Database of Systematic Reviews (IF=6.3)にアクセプトされました。Kimachi M, Furukawa TA, Kimachi K, Goto Y, Fukuma S & Fukuhara S (in press) Direct oral anticoagulants versus warfarin for preventing stroke and systemic embolic events among atrial fibrillation patients with chronic kidney disease.
2017.10.20

渡辺範雄准教授が日本大学、大分大学、ピッツバーグ大学と国際共同研究として行った、睡眠時間とその後の死亡・心血管イベント・脳卒中など健康アウトカムの関連を見た系統的レビュー結果を世界睡眠会議(プラハ)で発表したところ、メディカルトリビューンで紹介されました。 「睡眠時間は長すぎても危険

2017.10.16 岸本早苗氏(DrPH課程2回生)が本教室と医療疫学教室、Harvard Medical Schoolとの国際共同研究で行うRCT「アトピー性皮膚炎へのマインドフルネス統合心理介入プログラムのための国際研究」で、公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団の国際共同研究助成に採択されました。
2017.9.1

古川壽亮教授の4論文が、トムソン・ロイター社のWeb of Scienceで高被引用文献(Highly Cited Papers: 臨床医学、生物学、農学、経済学、工学など22分野のそれぞれで過去10年間の被引用数が世界のトップ1パーセント)とされました。

-- Cipriani A, Furukawa TA, Salanti G, Geddes JR, Higgins JP, Churchill R, Watanabe N, Nakagawa A, Omori IM, McGuire H, Tansella M & Barbui C (2009) Comparative efficacy and acceptability of 12 new-generation antidepressants: a multiple-treatments meta-analysis. Lancet, 373, 746-758.

-- Kessler RC, Green JG, Gruber MJ, Sampson NA, Bromet E, Cuitan M, Furukawa TA, Gureje O, Hinkov H, Hu CY, Lara C, Lee S, Mneimneh Z, Myer L, Oakley-Browne M, Posada-Villa J, Sagar R, Viana MC & Zaslavsky AM (2010) Screening for serious mental illness in the general population with the K6 screening scale: results from the WHO World Mental Health (WMH) survey initiative. International Journal of Methods in Psychiatric Research, 19 Suppl 1, 4-22.

-- Furukawa TA, Kawakami N, Saitoh M, Ono Y, Nakane Y, Nakamura Y, Tachimori H, Iwata N, Uda H, Nakane H, Watanabe M, Naganuma Y, Hata Y, Kobayashi M, Miyake Y, Takeshima T & Kikkawa T (2008) The performance of the Japanese version of the K6 and K10 in the World Mental Health Survey Japan.International Journal of Methods in Psychiatric Research, 17, 152-158.

-- Guyatt GH, Thorlund K, Oxman AD, Walter SD, Patrick D, Furukawa TA, Johnston BC, Karanicolas P, Akl EA, Vist G, Kunz R, Brozek J, Kupper LL, Martin SL, Meerpohl JJ, Alonso-Coello P, Christensen R & Schunemann HJ (2013) GRADE guidelines: 13. Preparing Summary of Findings tables and evidence profiles-continuous outcomes. Journal of Clinical Epidemiology, 66, 173-183.

2017.8.6 2015年度の系統的レビューの講義で古川教授が指導した論文がOncotarget (IF=5.2)にアクセプトされました。Omae K, Tsujimoto Y, Honda M, Kondo T, Tanabe K, Fukuhara S & Furukawa TA (in press) Comparative efficacy and safety of bone-modifying agents for the treatment of bone metastases in patients with advanced renal cell carcinoma: A systematic review and meta-analysis.
2017.7.22 古川壽亮教授の共著論文が Lancet Psychiatry (IF=11.6)にアクセプトされました。Samara MT, Goldberg Y, Levine SZ, Furukawa TA, Geddes JR, Cipriani A, David JM & Leucht S (in press) Initial severity of bipolar I disorder associated with the efficacy of olanzapine: Individual patient data meta-analysis of five placebo-controlled studies.
2017.7.18 渡辺範雄准教授の共著論文が Sleep Medicine Reviews (IF=9.0)にアクセプトされました。Jike M, Itani O, Watanabe N, Buysse DJ, & Kaneita Y (in press) Long sleep duration and health outcomes: A systematic review, meta-analysis and meta-regression.
2017.7.13 岸本早苗氏(DrPH課程2回生)が「アトピー性皮膚炎等皮膚疾患に対するマインドフルネス及びセルフ・コンパッション統合プログラムの有効性の検証」の研究で、メンタルヘルス岡本記念財団 研究活動助成金に採択されました。
2017.5.18 岸本早苗氏(DrPH課程2回生)が「アトピー性皮膚炎患者へのマインドフルネス心理介入プログラムの開発」の研究で、公益財団法人アレルギー協会の国際交流助成金に採択されました。
2017.3.23 古川壽亮教授が、2016年度の京大SPH、ベストティーチャー賞に選ばれました。
2017.3.18

下記のCBT vs pill placeboの IPD-MA論文が、 McMaster PLUS Evidence Alertsという臨床家向けの情報掲載サイトに取り上げられました。 いろいろな臨床家がいろいろなコメントをしています。面白いです。

2017.1.20 Furukawa TA, Weitz ES, Tanaka S, Hollon SD, Hofmann SG, Andersson G, Twisk J, DeRubeis RJ, Dimidjian S, Hegerl U, Mergl R, Jarrett RB, Vittengl JR, Watanabe N & Cuijpers P (2017) Initial severity of depression and efficacy of cognitive-behaviour therapy: An individual-participant data meta-analysis of pill-placebo-controlled trials.がBr J Psychhiatry電子版に発表されました。即日、BMJのResearch Newsで"CBT can benefit patients with severe depression, say researchers"のタイトルで取り上げられました (BMJ 2017;356:j336)。
2017.1.1

Publications in 2016 & 2017を整理しました

2016年に出版された論文34本中、IF=5以上の雑誌の論文は8本(23.5%)でした。

ADDRESS

Health Promotion and Human Behavior, Kyoto University Graduate School of Medicine / School of Public Health
Yoshida Konoe-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606-8501 JAPAN
TEL:+81-75-753-9491 FAX:+81-75-753-4641

Copyright© 2010-18 Health Promotion and Human Behavior, Kyoto University. All Rights Reserved.
Top of Page