Department of Health Promotion and Human Behavior, Kyoto University Graduate School of Medicine / School of Public Health
2017.10.20

渡辺範雄准教授が日本大学、大分大学、ピッツバーグ大学と国際共同研究として行った、睡眠時間とその後の死亡・心血管イベント・脳卒中など健康アウトカムの関連を見た系統的レビュー結果を世界睡眠会議(プラハ)で発表したところ、メディカルトリビューンで紹介されました。 「睡眠時間は長すぎても危険

2017.10.16 岸本早苗氏(DrPH課程2回生)が本教室と医療疫学教室、Harvard Medical Schoolとの国際共同研究で行うRCT「アトピー性皮膚炎へのマインドフルネス統合心理介入プログラムのための国際研究」で、公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団の国際共同研究助成に採択されました。
2017.9.1

古川壽亮教授の4論文が、トムソン・ロイター社のWeb of Scienceで高被引用文献(Highly Cited Papers: 臨床医学、生物学、農学、経済学、工学など22分野のそれぞれで過去10年間の被引用数が世界のトップ1パーセント)とされました。

-- Cipriani A, Furukawa TA, Salanti G, Geddes JR, Higgins JP, Churchill R, Watanabe N, Nakagawa A, Omori IM, McGuire H, Tansella M & Barbui C (2009) Comparative efficacy and acceptability of 12 new-generation antidepressants: a multiple-treatments meta-analysis. Lancet, 373, 746-758.

-- Kessler RC, Green JG, Gruber MJ, Sampson NA, Bromet E, Cuitan M, Furukawa TA, Gureje O, Hinkov H, Hu CY, Lara C, Lee S, Mneimneh Z, Myer L, Oakley-Browne M, Posada-Villa J, Sagar R, Viana MC & Zaslavsky AM (2010) Screening for serious mental illness in the general population with the K6 screening scale: results from the WHO World Mental Health (WMH) survey initiative. International Journal of Methods in Psychiatric Research, 19 Suppl 1, 4-22.

-- Furukawa TA, Kawakami N, Saitoh M, Ono Y, Nakane Y, Nakamura Y, Tachimori H, Iwata N, Uda H, Nakane H, Watanabe M, Naganuma Y, Hata Y, Kobayashi M, Miyake Y, Takeshima T & Kikkawa T (2008) The performance of the Japanese version of the K6 and K10 in the World Mental Health Survey Japan.International Journal of Methods in Psychiatric Research, 17, 152-158.

-- Guyatt GH, Thorlund K, Oxman AD, Walter SD, Patrick D, Furukawa TA, Johnston BC, Karanicolas P, Akl EA, Vist G, Kunz R, Brozek J, Kupper LL, Martin SL, Meerpohl JJ, Alonso-Coello P, Christensen R & Schunemann HJ (2013) GRADE guidelines: 13. Preparing Summary of Findings tables and evidence profiles-continuous outcomes. Journal of Clinical Epidemiology, 66, 173-183.

2017.8.6 2015年度の系統的レビューの講義で古川教授が指導した論文がOncotarget (IF=5.2)にアクセプトされました。Omae K, Tsujimoto Y, Honda M, Kondo T, Tanabe K, Fukuhara S & Furukawa TA (in press) Comparative efficacy and safety of bone-modifying agents for the treatment of bone metastases in patients with advanced renal cell carcinoma: A systematic review and meta-analysis.
2017.7.22 古川壽亮教授の共著論文が Lancet Psychiatry (IF=11.6)にアクセプトされました。Samara MT, Goldberg Y, Levine SZ, Furukawa TA, Geddes JR, Cipriani A, David JM & Leucht S (in press) Initial severity of bipolar I disorder associated with the efficacy of olanzapine: Individual patient data meta-analysis of five placebo-controlled studies.
2017.7.18 渡辺範雄准教授の共著論文が Sleep Medicine Reviews (IF=9.0)にアクセプトされました。Jike M, Itani O, Watanabe N, Buysse DJ, & Kaneita Y (in press) Long sleep duration and health outcomes: A systematic review, meta-analysis and meta-regression.
2017.7.13 岸本早苗氏(DrPH課程2回生)が「アトピー性皮膚炎等皮膚疾患に対するマインドフルネス及びセルフ・コンパッション統合プログラムの有効性の検証」の研究で、メンタルヘルス岡本記念財団 研究活動助成金に採択されました。
2017.5.18 岸本早苗氏(DrPH課程2回生)が「アトピー性皮膚炎患者へのマインドフルネス心理介入プログラムの開発」の研究で、公益財団法人アレルギー協会の国際交流助成金に採択されました。
2017.3.23 古川壽亮教授が、2016年度の京大SPH、ベストティーチャー賞に選ばれました。
2017.3.18

下記のCBT vs pill placeboの IPD-MA論文が、 McMaster PLUS Evidence Alertsという臨床家向けの情報掲載サイトに取り上げられました。 いろいろな臨床家がいろいろなコメントをしています。面白いです。

2017.1.20 Furukawa TA, Weitz ES, Tanaka S, Hollon SD, Hofmann SG, Andersson G, Twisk J, DeRubeis RJ, Dimidjian S, Hegerl U, Mergl R, Jarrett RB, Vittengl JR, Watanabe N & Cuijpers P (2017) Initial severity of depression and efficacy of cognitive-behaviour therapy: An individual-participant data meta-analysis of pill-placebo-controlled trials.がBr J Psychhiatry電子版に発表されました。即日、BMJのResearch Newsで"CBT can benefit patients with severe depression, say researchers"のタイトルで取り上げられました (BMJ 2017;356:j336)。
2017.1.1

Publications in 2016 & 2017を整理しました

2016年に出版された論文34本中、IF=5以上の雑誌の論文は8本(23.5%)でした。

2016.12.18 岩上直嗣氏(DrPH課程2年生)の論文が International Journal of Cardiology (IF=4.6)にアクセプトされました。Iwakami N, Nagai T, Furukawa TA, Sugano Y, Honda S, Okada A, Asaumi Y, Aiba T, Noguchi T, Kusano K, Ogawa H, Yasuda S, Anzai T & on behalf of the NaDEF investigators (in press) Prognostic value of malnutrition assessed by Controlling Nutritional Status score for long-term mortality in patients with acute heart failure.
2016.10.5 今井必生先生(客員研究員)のパニック障害に対する精神療法と薬物療法の比較の系統的レビューがCochrane Database of Systematic Reviews (IF=6.1)に出版されました。Imai H, Tajika A, Chen P, Pompoli A & Furukawa TA (2016) Psychological therapies versus pharmacological interventions for panic disorder with or without agoraphobia in adults. 10, CD011170. 教室と、Verona大学、West Ontario大学、Ulm大学との4年来の共同研究の成果の一つです。
2016.9.29 教室研究会に参加している日下慶子氏(健康政策・国際保健学PhD課程4回生)のLetter to the editorが Journal of Clinical Oncology (IF=21.0)にアクセプトされました。Kusaka K, Shinohara K, Tada M, Watanabe N & Furukawa TA (in press) Letter in response to "Randomized Controlled Trial of Family Therapy in Advanced Cancer Continued Into Bereavement": Concerns about Selective Outcome Reporting. たかがLetter、されどJCOであります上に、このLetterは教室研究会の批判的吟味の時間に、篠原清美先生(PhD課程2016年卒業生)がかねてから研究してきたメタ疫学的な観点からの討議の上で書かれたLetterであるということが、何よりも嬉しくかつ誇らしく思います。
2016.9.11 古川壽亮教授、田中司朗准教授(薬剤疫学)、渡辺範雄准教授とAmsterdam自由大学、Vanderbilt大学等の共同研究論文が British Journal of Psychiatry (IF=7.1)にアクセプトされました。Furukawa TA, Weitz ES, Tanaka S, Hollon SD, Hofmann SG, Andersson G, Twisk J, DeRubeis RJ, Dimidjian S, Hegerl U, Mergl R, Jarrett RB, Vittengl JR, Watanabe N & Cuijpers P (in press) Initial severity of depression and efficacy of cognitive-behaviour therapy: An individual-participant data meta-analysis of pill-placebo-controlled trials.
2016.9.7 教室とOxford大学、München工科大学、Bern大学の5年来の共同研究から、古川壽亮教授、小川雄右助教、竹島望先生(PhD課程2016年卒業生)、早坂佑先生(同)がうつ病の臨床試験におけるプラセボ反応についての解析を行い、20年来の「世界の常識」に反する結果を得ました。Lancet Psychiatry (IF=11.6)にアクセプトされ、Fast track publicationで緊急出版される予定です。Furukawa TA, Cipriani A, Atkinson LZ, Leucht S, Ogawa Y, Takeshima N, Hayasaka Y, Chaimani A & Salanti G (in press) Revisiting placebo response rates in antidepressant trials: a systematic review of published and unpublished double-blind studies.
2016.8.26 古川が京都大学に赴任した最初の年にMCR生であった本多通孝先生(現 福島県立医科大学災害医療支援講座特任准教授)が、MCR卒業後も臨床と平行して取り組まれた胃がんの腹腔鏡手術についての大規模な観察研究がAnnals of Surgery (IF=8.6)に出版されました。周到なプロトコルを立ててからデータ収集を行った本当の観察研究です。Honda M, Hiki N, Kinoshita T, Yabusaki H, Abe T, Nunobe S, Terada M, Matsuki A, Sunagawa H, Aizawa M, Healy MA, Iwasaki M & Furukawa TA (2016) Long-term Outcomes of Laparoscopic Versus Open Surgery for Clinical Stage I Gastric Cancer: The LOC-1 Study. Annals of Surgery, 264, 214-222. オープンアクセスです。
2016.7.7 岸本早苗氏(DrPH課程1回生)が 「マインドフル セルフ・コンパッション(Mindful Self-Compassion:MSC)日本版プログラムの作成とパイロット研究」について公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団の研究活動助成金に採択されました。
2016.5.19 篠原清美氏(PhD課程4回生)が日本プライマリ・ケア連合学会の若手研究者研究助成金に採択されました。
2016.5.13 京都大学健康増進行動学分野、国立精神・神経医療研究センター(NCNP)、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)で共同開発した、スマートフォンを利用した認知行動療法アプリ「こころアプリ」が、2016年5月12日付 京都新聞で紹介されました。記事はこちらの京都新聞のサイトでご覧いただくことができます。
2016.4.27

京都大学School of Public Healthオープンキャンパスが5月28日(土)(京都)、6月11日(土)(東京)で開催されました。

入学希望の方はfurukawa@kuhp.kyoto-u.ac.jpまでご連絡をお願いします。医学専攻博士課程(PhD、4年制)、社会医学専攻博士後期課程(DrPH、3年制)、専門職学位課程(MPH、2年制)、MCRコース(医師向け、1年制)、研究生などにご興味、ご関心のある方のご連絡をお待ちしております。

2016.4.23 菅沼あや氏(PhD課程2回生)および篠原清美氏(PhD課程4回生)のメタ疫学研究プロトコル論文がBMJ Open (IF=2.2)に出版されました。Suganuma AM, Shinohara K, Imai H, Takeshima N, Hayasaka Y & Furukawa TA (2016) Overstatements in abstract conclusions claiming effectiveness of interventions in psychiatry: a study protocol for a meta-epidemiological investigation. BMJ Open, 6, e009832.
2016.4.13 2012年にイタリア Verona大学から当教室に留学をしていたAlessandro Pompoli氏が日本チームおよびギリシアチームと留学中からずっと取り組んでいたコクランレビュー(ネットワークメタアナリシス)がCochrane Library (IF=6.0)に出版されました。Pompoli A, Furukawa TA, Imai H, Tajika A, Efthimiou O & Salanti G (2016) Psychological therapies for panic disorder with or without agoraphobia in adults: a network metw-analuysis. Cochrane Database of Systematic Reviews, CD011004.
2016.4.1 Alumniのページに、新しい卒業生の(生の)声を掲載しました。
2016.3.26

古川壽亮教授が京都新聞土曜版「探求人」で取り上げられました。

(2016年3月26日付 京都新聞掲載)

2016.2.1 渡辺範雄准教授が、2月1日付けで国立精神・神経医療研究センターから健康増進・行動学分野に着任しました。ご専門は、臨床疫学、臨床精神薬理および認知行動療法です。健康増進・行動学分野一同、さらに厚みを増して、医学・社会医学の多方面に貢献して行く所存でおります。
2016.1.31 精神医学の主要雑誌の一つである、Acta Psychiatrica Scandinavica (IF=5.6)の編集長がこの度交代し、新任の編集長が2016年の1月号に初仕事の巻頭言を載せていますが、そこでBMJ, Science, Lancetの論文とともに、当分野PhD課程4回生の田近亜蘭氏の論文(2015 Br J Psychiatry)および篠原清美氏の論文(2015 Acta Psychiatr Scand)が引用、議論されています。Hageman I (2016) New Editor-in-Chief. 133, 3-4をご覧下さい。オープンアクセスです。
2016.1.18 篠原清美氏(PhD課程4回生)の論文がActa Psychiatrica Scandinavica (IF=5.6)に出版されました。Shinohara K, Tajika A, Imai H, Takeshima N, Hayasaka Y & Furukawa TA (2015) Protocol registration and selective outcome reporting in recent psychiatry trials: new antidepressants and cognitive behavioural therapies. 132, 489-498.
2016.1.16 竹島望氏(PhD課程4回生)の論文が Psychiatry Research (IF=2.5)にアクセプトされました。Takeshima N, Ogawa Y, Hayasaka Y & Furukawa TA (in press) Continuation and discontinuation of benzodiazepine prescriptions: A cohort study based on a large claims database in Japan.
2016.1.1

Publications in 2015 & 2016を整理しました

2011年以降の5年間に出版された原著論文153本中、IF=5以上の論文は31本(20.3%)でした。

  (これよりも古いNewsは、Old Newsのページをご覧下さい)
  • SUN-D Project
  • SUN-D Project
  • Graduate School of Medicine and Faculty of Medicine Kyoto University
  • Kyoto University School of Public Health (Japanese)