Department of Health Promotion and Human Behavior, Kyoto University Graduate School of Medicine / School of Public Health
2018.1.5 多田昌史氏(DrPH課程2回生)が「救急外来におけるトロポニンを用いた最適な心筋梗塞の診断戦略の検討 - 多施設前向きコホート研究 -」の研究で、公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 調査研究助成に採択されました。
2018.1.1

Publications in 2017 & 2018を整理しました

2017年に出版された論文40本中、IF=5以上の雑誌の論文は15本(37.5%)でした。

2017.12.15

当教室にイタリアから半年留学していた Alessandro Pompoli氏の論文が、Psychological Medicine (IF=5.2)にアクセプトされました。Pompoli A, Furukawa TA, Efthimiou O, Imai H, Tajika A & Salanti G (in press) Dismantling cognitive-behaviour therapy for panic disorder: A systematic review and component network meta-analysis.

パニック障害に対して認知行動療法の効果は確立していますが、実はその構成要素は区々でパッケージによって異なります。コンポーネント・ネットワークメタアナリシスという手法を応用して、身体感覚曝露と対面治療が重要な要素であること、一方、筋弛緩は有害であることを示しました。パニック障害に対する、より効果的で効率的な治療法に貢献すると考えられます。

2017.12.1 宋龍平氏(2017年度MCR卒業生)、篠原清美氏(2015年度PhD卒業生)、菅沼あや氏(PhD課程2年生)らの論文が Journal of Medical Internet Research (IF=5.2)にアクセプトされました。So R, Shinohara K, Aoki T, Suganuma A & Furukawa TA (in press) Effect of recruitment methods on response rate in a web-based study for primary care physicians: a factorial randomized controlled trial.
2017.11.20 2015年度の系統的レビューの講義で古川教授が指導した論文がIntensive Care Medicine (IF=12.0)にアクセプトされました。Fujii T, Ganeko R, Kataoka Y, Furukawa TA, Featherstone R, Doi K, Vincent J-L, Pasero D, Robert R, Ronco C & Bagshaw SM (in press) Polymyxin B-immobilized hemoperfusion and mortality in critically ill patients with sepsis/septic shock: A systematic review and meta-analysis.
2017.11.16

「こころアプリ」が、本日付けの読売新聞夕刊で紹介されました。「うつ病治療にスマホアプリ、患者4割に改善効果・・・京大チーム開発

 

2017.11.3 精神・神経医療研究センター認知行動療法センターの堀越勝センター長と共同で開発した認知行動療法アプリ「こころアプリ」の効果を、北海道大学、東邦大学、名古屋市立大学、広島大学、高知大学およびその関連の全国15のクリニック・病院で実施した無作為割り付け比較試験で実証しました。プライマリの解析結果が、このたびJournal of Medical Internet Research (IF=5.2)に発表されました。Mantani A, Kato T, Furukawa TA, Horikoshi M, Imai H, Hiroe T, Chino B, Funayama T, Yonemoto N, Zhou Q & Kawanishi N (2017) Smartphone Cognitive Behavioral Therapy as an Adjunct to Pharmacotherapy for Refractory Depression: Randomized Controlled Trial. Journal of Medical Internet Research, 19, e373.
診断の確定したうつ病患者さんで優越性試験で効果を示した世界初の認知行動療法アプリになります。
2017.10.24 2013年度の系統的レビューの講義で古川教授が指導した論文がCochrane Database of Systematic Reviews (IF=6.3)にアクセプトされました。Kimachi M, Furukawa TA, Kimachi K, Goto Y, Fukuma S & Fukuhara S (in press) Direct oral anticoagulants versus warfarin for preventing stroke and systemic embolic events among atrial fibrillation patients with chronic kidney disease.
2017.10.20

渡辺範雄准教授が日本大学、大分大学、ピッツバーグ大学と国際共同研究として行った、睡眠時間とその後の死亡・心血管イベント・脳卒中など健康アウトカムの関連を見た系統的レビュー結果を世界睡眠会議(プラハ)で発表したところ、メディカルトリビューンで紹介されました。 「睡眠時間は長すぎても危険

2017.10.16 岸本早苗氏(DrPH課程2回生)が本教室と医療疫学教室、Harvard Medical Schoolとの国際共同研究で行うRCT「アトピー性皮膚炎へのマインドフルネス統合心理介入プログラムのための国際研究」で、公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団の国際共同研究助成に採択されました。
2017.9.1

古川壽亮教授の4論文が、トムソン・ロイター社のWeb of Scienceで高被引用文献(Highly Cited Papers: 臨床医学、生物学、農学、経済学、工学など22分野のそれぞれで過去10年間の被引用数が世界のトップ1パーセント)とされました。

-- Cipriani A, Furukawa TA, Salanti G, Geddes JR, Higgins JP, Churchill R, Watanabe N, Nakagawa A, Omori IM, McGuire H, Tansella M & Barbui C (2009) Comparative efficacy and acceptability of 12 new-generation antidepressants: a multiple-treatments meta-analysis. Lancet, 373, 746-758.

-- Kessler RC, Green JG, Gruber MJ, Sampson NA, Bromet E, Cuitan M, Furukawa TA, Gureje O, Hinkov H, Hu CY, Lara C, Lee S, Mneimneh Z, Myer L, Oakley-Browne M, Posada-Villa J, Sagar R, Viana MC & Zaslavsky AM (2010) Screening for serious mental illness in the general population with the K6 screening scale: results from the WHO World Mental Health (WMH) survey initiative. International Journal of Methods in Psychiatric Research, 19 Suppl 1, 4-22.

-- Furukawa TA, Kawakami N, Saitoh M, Ono Y, Nakane Y, Nakamura Y, Tachimori H, Iwata N, Uda H, Nakane H, Watanabe M, Naganuma Y, Hata Y, Kobayashi M, Miyake Y, Takeshima T & Kikkawa T (2008) The performance of the Japanese version of the K6 and K10 in the World Mental Health Survey Japan.International Journal of Methods in Psychiatric Research, 17, 152-158.

-- Guyatt GH, Thorlund K, Oxman AD, Walter SD, Patrick D, Furukawa TA, Johnston BC, Karanicolas P, Akl EA, Vist G, Kunz R, Brozek J, Kupper LL, Martin SL, Meerpohl JJ, Alonso-Coello P, Christensen R & Schunemann HJ (2013) GRADE guidelines: 13. Preparing Summary of Findings tables and evidence profiles-continuous outcomes. Journal of Clinical Epidemiology, 66, 173-183.

2017.8.6 2015年度の系統的レビューの講義で古川教授が指導した論文がOncotarget (IF=5.2)にアクセプトされました。Omae K, Tsujimoto Y, Honda M, Kondo T, Tanabe K, Fukuhara S & Furukawa TA (in press) Comparative efficacy and safety of bone-modifying agents for the treatment of bone metastases in patients with advanced renal cell carcinoma: A systematic review and meta-analysis.
2017.7.22 古川壽亮教授の共著論文が Lancet Psychiatry (IF=11.6)にアクセプトされました。Samara MT, Goldberg Y, Levine SZ, Furukawa TA, Geddes JR, Cipriani A, David JM & Leucht S (in press) Initial severity of bipolar I disorder associated with the efficacy of olanzapine: Individual patient data meta-analysis of five placebo-controlled studies.
2017.7.18 渡辺範雄准教授の共著論文が Sleep Medicine Reviews (IF=9.0)にアクセプトされました。Jike M, Itani O, Watanabe N, Buysse DJ, & Kaneita Y (in press) Long sleep duration and health outcomes: A systematic review, meta-analysis and meta-regression.
2017.7.13 岸本早苗氏(DrPH課程2回生)が「アトピー性皮膚炎等皮膚疾患に対するマインドフルネス及びセルフ・コンパッション統合プログラムの有効性の検証」の研究で、メンタルヘルス岡本記念財団 研究活動助成金に採択されました。
2017.5.18 岸本早苗氏(DrPH課程2回生)が「アトピー性皮膚炎患者へのマインドフルネス心理介入プログラムの開発」の研究で、公益財団法人アレルギー協会の国際交流助成金に採択されました。
2017.3.23 古川壽亮教授が、2016年度の京大SPH、ベストティーチャー賞に選ばれました。
2017.3.18

下記のCBT vs pill placeboの IPD-MA論文が、 McMaster PLUS Evidence Alertsという臨床家向けの情報掲載サイトに取り上げられました。 いろいろな臨床家がいろいろなコメントをしています。面白いです。

2017.1.20 Furukawa TA, Weitz ES, Tanaka S, Hollon SD, Hofmann SG, Andersson G, Twisk J, DeRubeis RJ, Dimidjian S, Hegerl U, Mergl R, Jarrett RB, Vittengl JR, Watanabe N & Cuijpers P (2017) Initial severity of depression and efficacy of cognitive-behaviour therapy: An individual-participant data meta-analysis of pill-placebo-controlled trials.がBr J Psychhiatry電子版に発表されました。即日、BMJのResearch Newsで"CBT can benefit patients with severe depression, say researchers"のタイトルで取り上げられました (BMJ 2017;356:j336)。
2017.1.1

Publications in 2016 & 2017を整理しました

2016年に出版された論文34本中、IF=5以上の雑誌の論文は8本(23.5%)でした。

  (これよりも古いNewsは、Old Newsのページをご覧下さい)
  • SUN-D Project
  • SUN-D Project
  • Graduate School of Medicine and Faculty of Medicine Kyoto University
  • Kyoto University School of Public Health (Japanese)